top of page

Microfiltration Spin filters

遠心分離フィルターは、少量のサンプルの濾過に非常に役立ちます。
遠心分離機で使用するために設計されたフィルター ユニットは、サンプルチャンバーとレシーバーチューブで構成されます。
細菌の除去、粒子の除去、HPLC サンプル前処理、培地からの細胞の除去、アガロースまたはアクリルアミドゲルからの DNA 除去には、さまざまなメンブレンが利用可能です。
チューブにはマーキング領域があり、目盛りが付いています。
キャップは、遠心分離中にサンプル チャンバーに蓋をし、サンプル チャンバーが取り外された後にレシーバー チューブに蓋をするという 2 つの目的を果たします。

2024年6月17日以降の価格はこちらからご参照ください

nano-spin-device_edited_edited.png
microspin.PNG
  • 遠心力、温度、サンプル量、濃度、粘度は濾過速度に影響します。用途ごとに遠心時間を最適化します。 

  • 保管方法: 受け取り後は室温で保管してください。製品は常温で出荷されます。 

  • 非滅菌で提供されます。使用前にデバイスを通して 70% エタノールを濾過することで消毒できます。

​メンブレン選択ガイド

すべてのフィルターは、さまざまな膜タイプで利用できます。

Nylon(ナイロン)

ナイロンメンブレンフィルターは、その広い化学的適合範囲と自然な親水性特性により、急速に「標準」フィルター素材となりつつあります。ナイロンフィルターは、すべての水溶液と大部分の溶剤のろ過に使用することができます。

  • 自然な親水性

  • 広い化学的適合性範囲

  • 強度と寸法安定性

  • 抽出物が極めて少ない

 

アプリケーション

  • 水溶液および有機溶媒溶液の滅菌、清澄

  • HPLC サンプルの前処理

PP(ポリプロピレン)

ポリプロピレン製メンブレンフィルターは、純ポリプロピレンで構成され、絶対孔径を持つフィルターです。

水系、有機系溶媒系を問わず、幅広い化学的適合性を有しています。ポリプロピレン製メンブレンフィルターは、カラムの寿命を延ばしながら、高感度なイオンクロマトグラフィーアプリケーションで正確で一貫した分析結果を提供するために、抽出レベルを極めて低く設定しています。

ポリプロピレンフィルターは、検出レベルが230nm以下のHPLCアプリケーションに適したフィルター膜です。

また、このフィルターは、重要な少量のタンパク質サンプルを最大限に回収するために不可欠なタンパク質吸着をほとんど示しません。

  • 自然な親水性

  • 広い化学的適合性範囲

  • 強度と寸法安定性

  • 抽出物が極めて少ない

 

アプリケーション

  • 水溶液および有機溶媒溶液の滅菌、清澄

  • HPLC サンプルの前処理

 

CA(セルロースアセテート)

CA(酢酸セルロース)メンブレンフィルターは、純粋なセルロースアセテートで構成され、研究者に最も低結合のフィルターを提供するために改良されました。極めて低い吸着特性により、競合製品よりも高いスループットを実現し、タンパク質を含む溶液をろ過する際のフィルター交換を減らすことができます。

CA(セルロースアセテート)フィルターは、そのユニークな強度と極めて低い結合特性から、タンパク質や酵素の濾過、組織培養液の滅菌、低温滅菌、生物液の濾過など、タンパク質の最大回収が重要な濾過アプリケーションに適しています。

CA(セルロースアセテート)膜は、不活性ポリエステルウェブで内部支持された独自の含浸プロセスで製造されており、取り扱いや折り目による割れ、裂け、破損、歪みがありません。また、オートクレーブや蒸気滅菌後の寸法安定性も抜群で、135℃までの温度にも全く影響されません。独自の含浸処理により、130psiの破裂強度、均一な孔径、安定した流量を持つアセテートフィルターができあがり、信頼性の高い性能を実現しています。

  • 低吸着素材

  • 親水性

  • 高スループット

  • 強度と寸法安定性

  • 均一な細孔構造

 

アプリケーション

  • タンパク質や酵素のろ過、滅菌

  • 生体液ろ過滅菌

  • 組織培養培地滅菌

 

PTFE(テフロン®)

PTFE(テフロン®)ポリテトラフルオロエチレン膜は、純粋なPTFEをポリプロピレン支持体にラミネートしたもので、耐久性が向上し、取り扱いが容易になりました。強酸やアルコールなどの侵食性の高い溶媒にも化学的に適合します。また、メタノールでプレウェットした水溶液のろ過にも使用できます。

  • 自然な疎水性

  • 強酸およびアグレッシブな溶液に対応

  • 耐久性とハンドリングの向上

 

アプリケーション

  • 強酸およびアグレッシブな溶液のろ過

  • 通気用途

  • 相分離

  • エアロゾルサンプリング

 

NC(ニトロセルロース)

ニトロセルロースフィルターは、不活性な硝酸セルロースと酢酸セルロースのポリマーの混合物で構成されています。均一なマイクロポーラス構造により、メンブレンフィルターの中で最も速い流速と高いスループットを実現します。生物学的に不活性であるため、ニトロセルロースフィルターは、微生物分析、水溶液の清澄化または殺菌、産業衛生アプリケーション、シルト密度指数(SDI - 0.45μm, 47mm)、粒子状物質分析など、さまざまな清澄化、殺菌、分析アプリケーションに適しています。

  • 水の浄化と微粒子捕捉のための親水性

  • 安定した高流量でろ過を高速化

  • 選択性を高める均一な細孔構造

  • 親水性、不活性硝酸セルロース

  • 高い結合能力

  • 製作厚み10ミクロン以内

 

アプリケーション

  • 水濾過

  • 微生物学的分析

  • 無菌試験

  • アッシング技術による重量分析

  • 微粒子分析

  • ブラック - 食品および飲料

 

PES(ポリエーテルスルホン)

PES(ポリエーテルスルホン)フィルターは、タンパク質や酵素のろ過、組織培養液の滅菌、低温滅菌、生物液のろ過など、最大スループットと高速流量が重要な要素となる滅菌アプリケーションにおいて、極めて低い抽出レベルを実現する不活性フィルターです。

  • 非常に低いタンパク質吸着

  • 速い流量

  • 低抽出物

  • 広い化学的適合性範囲

  • 強度と寸法安定性

  • オートクレーブ可能

 

アプリケーション

  • タンパク質と酵素のろ過滅菌

  • 生体液ろ過滅菌

  • 組織培養培地滅菌

  • 医薬品滅菌濾過

  • 環境水研究

 

PVDF(ポリフッ化ビニリデン)

親水性で、抽出物やタンパク質の吸着が極めて少ないPVDFメンブレンフィルターは、アグレッシブな溶媒系移動相アプリケーション、生物学的殺菌・清澄化、HPLC・分析サンプル調製に高い流速とスループットを提供します。

PVDF膜は湿潤剤を使用する必要がないため、滅菌や清澄化の際に抽出物をほとんど透過させず、サンプルの純度を高めることができます。ナイロン膜、ニトロセルロース膜、PTFE膜に比べ、タンパク質結合量が非常に低いため、クロマトグラフィーやその他の機器分析用のタンパク質の多い溶液の調製によく利用されます。

また、幅広い化学的適合性を有しているため、移動相に攻撃性/非攻撃性の酸、アルコール、溶媒を含む、特に高流量/スループットを必要とする幅広いアプリケーションに対応することができます。ポアサイズ0.22μmと0.45μmがありますが、カラムを詰まらせ分析結果を損なう可能性の高いuHPLCコンタミを除去するには、ポアサイズ0.22μmが望ましいです。

アプリケーション

  • HPLC溶液のろ過

  • GC サンプルの準備/クリーンアップと

  • 非特異的結合の高いタンパク質ベースのサンプルの精製

  • 攻撃性溶媒と非攻撃性溶媒

 

RC(再生セルロース)

製品情報

再生セルロースメンブレンフィルターは、湿潤剤を使用しない微多孔質の酢酸セルロースフィルターです。

有機・水系を問わず、幅広い溶媒に対応し、低抽出物であることが特長です。

そのため、さまざまなアプリケーションのサンプル調製に適しています。

・自然な湿潤と優れた湿潤強度
・幅広い水系・有機系媒体に対応する耐薬品性
・機械的に安定で、
タンパク質との結合が少ない
・抽出液の濃度が低く、サンプルコンタミネーションを最小限に抑えられる
・一般的な方法で滅菌が可能

 

アプリケーション

非常に低吸着のメンブレンは親水性で耐溶剤性 (pH 3 ~ 12) があるため、溶剤からの粒子の除去に適しています。メンブレンは非対称で、不織布セルロースで強化されています。0.45 µm と 0.2 µm の 2 つの細孔サイズが用意されています。

bottom of page