Sensido(センシド) ECL希釈液

Sensido(センシド) ECL希釈液

  • Sensido(センシド) ECL希釈液

    Sensido(センシド) ECL希釈液

    Sensido ECL Additive Solution

     
    Sensido ECL Additive Solutionは、ルミノールの酸化分解反応を遅延させ、検出レンジのオプティマイズを行う試薬です。ECL系のHRP基質であれば使用することができ、過剰サンプルでの”burning effect”の解消に有効です。
     

    ■ 内容

    Sensido(センシド) ECL希釈液は、ECL基質溶液希釈用に配合されたバッファーです。Sensido(センシド)に限らず、ECLベースの基質溶液であれば希釈してウェスタンブロッティング(もしくはELISA)の検出感度や検出範囲の調整に用いることができます。このバッファーで基質を希釈することにより、ルミノールの酸化分解反応を遅くし、感度を落とすことなしに(過剰な酵素反応による)“バーニング効果”を抑え、結果として検出レンジを広げることができます。希釈によりECL基質の使用量が少なくなりますのでランニングコストの減少にもつながります。

    ■ 特長

    • ルミノールの酸化分解速度をスローダウン
    • “バーニング効果”を抑制…検出レンジが広がります
    • 検出感度には影響を及ぼしません…基質ランニングコスト低減

    ■ 保存

    4℃。12ヶ月以内での使用。

     

    製品名 商品コード 包装 価格(税別)
    Sensido ECL Additive Solution R13-EAS500 250ml x 2 ¥15,000

     

アクセス

〒103-0013

東京都中央区日本橋人形町3-1-11 NNTビル3F

お電話&ファックス

TEL:03-3660-0131
FAX:03-3660-0133

連絡先

     recenttec.co.jp